〔第2部「Animation(アニメーション) を使いこなす編」からの抜粋〕

●落下・バウンドの軌跡

これもtransform-timing-functionプロパティを利用することで、画像を放物線を描きながら 落下、バウンドをさせることができます。
Close This Window